栄養補助食品(サプリメント,健康食品)について、有用・有益な選択基準となる情報を公開しています。

「サプリメントとしてのグルコサミン」の衝撃

健康食品とダイエットサプリ

健康豆知識

(24) 「サプリメントとしてのグルコサミン」の衝撃

グルコサミンは、グルコースの一部の水酸基がアミノ基に置換されたアミノ糖の一つです。

動物においては、アミノ基がアセチル化されたN-アセチルグルコサミンの形で、糖タンパク質、ヒアルロン酸などグリコサミノグリカン(ムコ多糖)の成分となっています。

N-アセチルグルコサミンは、アスパラギンにマンノースを中心とするオリゴ糖鎖が結合するN結合型糖タンパク質の骨格をなすほか、更に複雑構造を持つ糖鎖の主要構成糖です。

ヒアルロン酸は、軟骨に大量に存在するプロテオグリカン複合体の中心を占める巨大なグリコサミノグリカンです。

ヒアルロン酸は、保湿物質として、あるいは軟骨のようなクッション作用を持つ組織の成分として重要です。

グルコサミンは、自然界ではカニやエビなどのキチン質の主要成分として多量に存在しています。

グルコサミンは単一成分として、またはコンドロイチン(コンドロイチン硫酸)との混合物として、栄養補給サプリメントとして販売されています。

しかしながら、経口摂取の場合の変形性膝関節症への効果は確認されておりません。

50歳~60歳の女性を対象とした試験結果では、治療目的でのグルコサミンの内服は、摂取と発症に関し有意な影響は見られておりません。

結論的に申し述べれば、グルコサミンコンドロイチン硫酸およびヒアルロン酸は体内で合成されるものであり、体外からの直接摂取はできません。

ユーグレナー天然の総合サプリメント⇒






a:283 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional