栄養補助食品(サプリメント,健康食品)について、有用・有益な選択基準となる情報を公開しています。

カルシウム1

栄養補助食品各論

グルコサミンコンドロイチン硫酸------------------------------------------------------------


ミネラルカルシウム(Ca)

カルシウムは、人間が体をバランスよく構成し、健康をキープするために欠かせない栄養素です。

その理想摂取量の目安は以下のとおりです。
・0歳児:200ミリグラム(1日当り)
・6ヶ月~5歳:500ミリグラム(1日当り)
・小学校低学年:600~700ミリグラム(1日当り)
・小学校高学年:700~900ミリグラム(1日当り)
・中学校~高校:700~900ミリグラム(1日当り)
・その後:600ミリグラム(1日当り)

このように、成長期の子供は栄養素をたくさん体内に取り入れなければならないので、他の年代よりも理想摂取量が多めになるという特徴があります。

また女性が妊娠したり、赤ちゃんに授乳しなければならない時期も同様です。

女性がこのような状態になったときには、300~500ミリグラム余分に摂取することが望ましいとされています。

また、成人期以降は摂取量に、2500ミリグラムという上限がありますので注意しましょう。

この許容上限を超えて摂取すると、結石カルシウム血症などを招く可能性があります。

人間の体をバランスよく構成するためには、カルシウムを単体で摂取しても、なかなか体内で有効に活用されません。

これは、カルシウムマグネシウムの力を借りてパワーを発揮しやすい環境が整うからです。

これはどういうことなのか、筋肉活動を例に説明いたします。

筋肉は、カルシウムが細胞内に入ることでうまく機能します。

この細胞内にカルシウムが入る量を調節しているのが、マグネシウムなのです。

ですから、マグネシウムが不足すると筋肉内にカルシウムがうまく取り込まれません。

その結果、筋肉活動に支障をきたします。

カルシュウム摂取の第一の効果は、歯やホネを頑丈にすることです。

しかしそれ以外にも、以下のような効果があります。

筋肉の働きを滑らかにすることができます。

つまりカルシウムは、筋肉細胞にとって潤滑油のような役割を果たします。

量が不足すると、筋肉がけいれんを起こしたり、硬直しやすくなってしまいます。

カルシウムが足りなくなると、イライラしやすくなります。

これはカルシウム不足が、直接イライラを引き起こしているわけではありません。

なぜなら、仮に体内で不足しても、それを補うためにホネからカルシウムが溶け出し、血液中の濃度がキープされるからです。

つまりカルシウムが不足すると、ホネからカルシウムが溶け出します。

これは肉体的トラブルですから、精神状態が正常ではなくなります。

すなわち、イライラします。

ですから、常に情緒を安定させるためには、カルシウム摂取が欠かせません。

カルシウム摂取と肩こりの間にも、大きな関係があります。

カルシウムが不足すると、ホネからカルシウムが溶け出します。

すると筋肉や骨格のバランスが乱れ、肩こりを発症させます。

ですから、日ごろからカルシウムをバランスよく摂取していると、肩こりの予防にも繋がります。

上記と同様な原因で、カルシウム不足が骨粗しょう症を招くこともあります。

骨粗しょう症になるとホネが折れやすくなったり、ひどい場合には寝たきり生活を送らなければならなくなります。

なお、骨粗しょう症は男性に比べて、女性がなりやすいのが特徴です。

特に50代以降の女性は、体内バランスが大きく変化するため骨粗しょう症になる確率が上がります。

ですから逆に言えば、カルシウムをバランスよく摂取することにより、上記のようなトラブルを事前に避けることができるわけです。

以上のように、カルシウムは私たち人間にとって大きな効果・影響を及ぼす栄養素です。

カルシウムが多く含まれた食品と言えば、やはり牛乳です。

しかしそれ以外にも、以下のような食品に多く含まれています。

乳製品
・牛乳コップ1杯分(200cc):220ミリグラム
・チーズ1キレ(30グラム):140ミリグラム
・ヨーグルト1カップ(100cc):120ミリグラム

多い野菜
・大根(50グラム):50ミリグラム
・小松菜(100グラム):160ミリグラム
・モロヘイヤ(50グラム):130ミリグラム

多い小魚
・ししゃも1匹(50グラム):160ミリグラム
・ワカサギ1匹(60グラム):270ミリグラム
・いわし1匹(50グラム):290ミリグラム
・しらす1皿(20グラム):40ミリグラム

ところが、牛乳を飲むと骨粗しょう症を防ぐよりも、「発症」させやすいことが明らかになっています。

牛乳のタンパク質(カゼイン)が、骨の中のカルシウムを大量に奪ってしまうからです。

骨粗しょう症は、ホネからカルシウムが流れ出すことにより起こるので、カルシウムの摂取量とは直接の関係はありません。

したがって、骨粗しょう症予防のためのカルシウム摂取であるならば、牛乳は避けるべきかもしれません。

カルシウムは、体に吸収されにくい性質を持っています。

この吸収を手助けする栄養素としては、ビタミンDがあげられます。

ビタミンDの多い食品としては、サンマ、サバ、ブリ、シイタケ、マイタケなどがあげられます。


以上述べてきたように、カルシウムの摂取は他の栄養成分とともにバランスよくお取りください。

サプリメントを活用する場合は、それぞれの成分の配合バランスを考慮している、信頼のおけるマルチビタミン・ミネラルをお勧めいたします。


カルシウム 200粒
カルシウム 200粒



製品の紹介



紹介している製品はごく僅かではありますが、だからこそ厳選した製品を自信をもって紹介させていただきます。





a:331 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional