栄養補助食品(サプリメント,健康食品)について、有用・有益な選択基準となる情報を公開しています。

ビタミン

栄養素

ビタミン

ビタミンは、生物の生存・生育に必要な有機化合物であり、その必要量が微量であるものです。

したがって、三大栄養素である炭水化物タンパク質・脂質、あるいは無機物であるミネラルは、これに含まれません。

ある物質がビタミンであるかどうかは、生物種により異なります。

たとえばビタミンCはヒトにとってはビタミンですが、多くの生物にとってはそうではありません。

ヒトのビタミンは、13種が認められています。

ビタミンは機能で分類されているものであり、物質名ではありません。

ビタミンはほとんどの場合生体内で合成することができないので、主に食料から摂取する必要があります。

ビタミンが不足すると、疾病が起こったり成長に障害が出たりします(ビタミン欠乏症)。

日本では厚生労働省が日本人の食事摂取基準によってビタミンの所要量を定めており、欠乏症をおこさない必要量と、尿中排泄量の飽和値によって所用量を見積っています。

アスコルビン酸(いわゆるビタミンC)について;

ビタミンCは、コラーゲンの生成などの水素運搬体を必要とする多くの代謝経路に必須で、動物の生存に欠かせない生理活性物質です。

ほとんどの哺乳類にとっては、体内で合成されて必要をまかなうことができる物質でありビタミンではありません。

しかしヒトを含む多くの霊長類やモルモットのような一部の哺乳類は、これを合成する代謝経路を持っておらず、体外から食物としての摂取する必要がありビタミンです。

カロテノイド(いわゆるビタミンA)について;

ビタミンAは、全ての生物の細胞内の代謝経路において重要な役割を果たしています。

たいていの生物、すなわち古細菌と殆どの真正細菌、多くの真核生物(原生生物、植物、菌類)は、自らの代謝経路において合成する事によってカロテノイドを自給しており、それらにとってはビタミンではありません。

しかし全ての後生動物はこの代謝経路を喪失しており、他の生物を捕食することによって摂取しなければならずビタミンです。

ビタミンの多くは、生体内において酵素がその活性を発揮するために必要な補酵素として機能します。

したがってビタミン欠乏症に陥ると、ビタミン類を補酵素として利用する酵素が関与する代謝系の機能不全症状が現れてきます。

ヒトのビタミンの一覧を挙げます。

なお、ビタミンは化学的性質から水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに分類されます。

水溶性ビタミン

ビタミンB
ビタミンB1: チアミン
ビタミンB2: リボフラビン。ビタミンGともいう。
ビタミンB3: ナイアシン。ビタミンPPともいう。
ビタミンB5: パントテン酸
ビタミンB6: ピリドキサール、ピリドキサミン、ピリドキシン
ビタミンB7: ビオチン。ビタミンBw、ビタミンHともいう。
ビタミンB9: 葉酸。ビタミンBc、ビタミンMともいう。
ビタミンB12: シアノコバラミン、ヒドロキソコバラミン
ビタミンC: アスコルビン酸

脂溶性ビタミン

ビタミンA: レチノールなど
ビタミンD: エルゴカルシフェロール、コレカルシフェロール
ビタミンE: トコフェロール、トコトリエノール
ビタミンK: フィロキノン、メナキノンの2つのナフトキノン誘導体

ビタミンは通常の食事を取っていれば必要量が摂取できます。

単調な食事に縛られた時、ビタミン不足による障害が発生しますが、長い間病気と看做されていました。

その後、生命に必要な成分が見つかるたびに、正式な化学構造が判明し適当な名前を付けるまでの仮称として、ビタミンA,B,C,D, E, F,... と順に名付けられました(ビタミン K を除く)。

また、ビタミンBに関しては、非常に似た性質を持つグループがあることが分かり、ビタミンB群として、B1, B2, B3,... と順に名付けられました。

さらにその後、ビタミンFなど、いくつかのビタミンは間違いであることや、ビタミンHなどB群であることが判明し、名称が消滅しました。

その後、各ビタミンの構造が明らかになり、適当な名称が付けられましたが、ビタミンB12(シアノコバラミン)やビタミンC(アスコルビン酸)など、ビタミンの方が知名度が高いものもあります。

また、化学構造の解読が早かったり、解読の結果B群に属することが明らかになった結果、仮称(「ビタミン~」)が一般的でないビタミンも存在します。

たとえば、葉酸(ビタミンMもしくはビタミンB9)、ナイアシン(ビタミンB3)などです。


マルチビタミン・ミネラルは、
これらの栄養素を複合的にバランスよく、
手軽に摂取できるようにしたものです。


マルチビタミン・ミネラルは、大変便利ではあります。

しかしながら、
天然由来成分、特に植物由来ミネラルを用いたマルチビタミン・ミネラルは、
お手ごろ価格では入手できないのが実情です。


その理由は、
植物由来ビタミンミネラルに関しては、
その生育条件等により含まれる有効成分量が大きく異なり、
有効成分の含有量を表記できないのです。


例えば、
「ほうれん草○○g配合」と記載することは容易ですが、
ビタミンE:○○mg、K:○○mg、B1:○○mg、…を含有」
という記載をすることは極めて困難です。


評判の製品においても、例えば貝殻が利用されております。
これは、貝殻であれば、その有効成分の含有量が容易に判るからです。


勿論、吸収率を良くする工夫はされているのですが、
結局「いくら砕いても岩は岩(貝殻は貝殻)」でしかありません。


サプリメントアドバイザーを自称する私は、

天然の総合サプリメントと呼ばれる「石垣島のユーグレナ
によるビタミン摂取をお勧めしております。

小林製薬の『石垣島のユーグレナ』\送料無料/






a:586 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional