栄養補助食品(サプリメント,健康食品)について、有用・有益な選択基準となる情報を公開しています。

ビタミンB群

栄養素

ビタミンB群

ビタミンB群には、8種類のビタミン(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)があります。

B群のビタミンはお互いに協力関係をもちながら様々な物質代謝に関わっているため、ビタミンB群とひとまとめにされています。

摂取されたビタミンB群は、小腸から吸収されて体内を巡り、体内すべての細胞にエネルギーを供給するために働きます。

1.ビタミンB1

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えるビタミンです。

私たちが生活するためには、エネルギーが必要です。

エネルギー源となるものは糖質(ブドウ糖)、脂質(脂肪酸)、たんぱく質(アミノ酸)ですが、日本人は米を主食としており、エネルギー源としての糖質は重要です。

米の精米技術が進むとともに、ビタミンB1を含む胚芽や米ぬかが除かれ、ビタミンB1不足が問題視されるようになりました。

ビタミンB1が欠乏すると疲労しやすくなり、さらには脚気などを引き起こします。

また、脳は糖質以外のものをエネルギー源にすることができません。

つまり、頭を使う時は糖質が必要になり、糖質をエネルギーに換える働きをするビタミンB1も必要になります。

ビタミンB1が脳の働きの維持に重要な役割を果たすというわけです。

ビタミンB1を多く含む食品としてまず挙げられるのが、穀類です。

精製度が進んだ精白米などにはあまり多くありませんが、胚芽米や玄米には豊富です。

そのほかに、植物性食品では種実類に、動物性食品では豚肉に多く含まれています。

2.ビタミンB2

ビタミンB2は、糖質・脂質・タンパク質からのエネルギーの生成に広くかかわっているビタミンです。

不足すると、口内炎や口角炎、舌炎ができやすくなります。

また、目が充血したり、肌荒れや髪の毛が傷んだり、小鼻の脇などに脂肪のぶつぶつができる脂漏性皮膚炎を起こしたりします。

また、10代の成長期の人や、運動したり肉体労働をしてエネルギーをたくさん使う人は、ビタミンB2の必要量が増えます。

ビタミンB2は、主に動物性の食品(特にレバーやうなぎに多い)に多く含まれますが、植物性食品の納豆にも多く含まれています。

これは、納豆菌がビタミンB2を作り出しているからです。

また、牛乳や乳製品、卵も効率の良い摂取源です。

3.ビタミンB6

ビタミンB6は、たんぱく質や脂肪の代謝に必要な栄養素です。

腸内細菌によって合成されるため、欠乏症は起こりにくいとされていますが、抗生物質を長期間服用していると、腸内細菌の育成が妨げられるので注意が必要です。

また、たんぱく質を多く取る人や妊娠女性も、不足しないように気を付けなければなりません。

肉や魚には多くのビタミンB6が含まれています。

また、バナナ、ナッツ、大豆、小麦、野菜などもよい供給源です。

4.ビタミンB12

ビタミンB12は、悪性貧血(巨赤芽球性貧血)予防に有効なビタミンです。

悪性貧血とは、鉄分不足で起こる貧血ではなく、赤血球の形成や再生がうまくいかないことによって起こる貧血のことで、全身のだるさやめまい、動悸、息切れが特徴です。

他にはビタミンB12不足で神経が過敏になったり、憂鬱になるといった、神経や精神にかかわる症状も起こってきます。

ビタミンB12は、動物性食品に幅広く含まれているので、極端な偏食をしていないかぎり不足することはありません。

ただし、胃の切除手術をした人はB12の吸収が悪くなるので気を付けた方が良いでしょう。

ビタミンB12は、魚や貝、肉、牛乳などの動物性食品に含まれていますが、なかでも牛や豚のレバーなどに多く含まれています。

5.ナイアシン

ナイアシンは、糖質、脂質、タンパク質の代謝に欠かせないビタミンです。

また、アルコールの分解にも欠かせないビタミンですので、よく飲み、よく食べる人には必須の栄養素といえます。

この他、皮膚を健康に保ったり、脳神経の働きを助ける働きなどがあります。

日本では普通の食事をしている限り欠乏症の心配はほとんどありません

ナイアシンは、植物性食品にも、動物性食品にも多く含まれており、魚類(かつお・ぶり・さばなど)、豆類や果実類に豊富です。

また牛乳やコーヒーにも含まれます。

6.パントテン酸

パントテン酸は、抗ストレスビタミンとも呼ばれ、ストレスの多い人には欠かす事のできない栄養素です。

私たちはストレスを感じると、それに対抗するためにホルモンを分泌します。

そのホルモンをせっせと作るのがパントテン酸なのです。

また、脂質、糖質、たんぱく質などをエネルギーに変える働きや、体の免疫力の維持にも重要です。

パントテン酸の名は、「広くどこにでもある」というギリシャ語に由来し、その名のとおり、いろいろな食べ物のなかに含まれていますし、腸内細菌によっても合成されるので、普通の食事をしていれば不足の心配はありません。

7.葉酸

葉酸は、ビタミンB12とともに、造血を助け悪性貧血を防ぎます。

また、たんぱく質の合成にも欠かせない重要な物質で、細胞が新しく作り出されるときに必要です。

例えば、腸管粘膜などは細胞の入れ替わりが激しいため、葉酸不足になると潰瘍になったりします。

葉酸は、通常の食事をしていれば欠乏することはほとんどありませんが、妊娠中の女性は注意が必要です。

細胞分裂が活発な胎児を胎内に抱えているので、体の葉酸必要量が増え、妊娠していない時の2倍の葉酸が必要です。

また、平成12年には、新生児の先天的な障害を予防するために、妊娠初期の妊婦が葉酸欠乏に注意するよう厚生労働省から通知が出ています。

葉酸は、その名のとおり、ほうれん草をはじめとする緑黄色野菜に多く含まれています。

その他、小麦、マッシュルーム、酵母、レバーにもかなりの量が含まれています。

8.ビオチン

摂取が不足すると皮膚炎を起こすことから発見されたビタミンで、糖質やたんぱく質、脂質の代謝を助け、エネルギーに変えます。

健康な髪と皮膚のためのビタミンとも言われ、ビオチンが不足すると、脱毛、白髪などの髪に関する症状や、湿疹などの皮膚症状があらわれます。

さらに、疲労感や憂鬱、脱力感などとも関連しています。

ビオチンは多くの食物に含まれていますし、腸内細菌もビオチンを生成しているので、ふつうに食事をしていれば不足の心配はありません。


マルチビタミン・ミネラルは、
これらの栄養素を複合的にバランスよく、
手軽に摂取できるようにしたものです。


マルチビタミン・ミネラルは、大変便利ではあります。

しかしながら、
天然由来成分、特に植物由来ミネラルを用いたマルチビタミン・ミネラルは、
お手ごろ価格では入手できないのが実情です。


その理由は、
植物由来ビタミンミネラルに関しては、
その生育条件等により含まれる有効成分量が大きく異なり、
有効成分の含有量を表記できないのです。


例えば、
「ほうれん草○○g配合」と記載することは容易ですが、
ビタミンE:○○mg、K:○○mg、B1:○○mg、…を含有」
という記載をすることは極めて困難です。


評判の製品においても、例えば貝殻が利用されております。
これは、貝殻であれば、その有効成分の含有量が容易に判るからです。


勿論、吸収率を良くする工夫はされているのですが、
結局「いくら砕いても岩は岩(貝殻は貝殻)」でしかありません。

私の知るところでは、マナテック社の「ファイトマトリックス」という製品だけが、
天然由来成分のみを用いた「マルチビタミン・ミネラル」です。

この製品は、特殊な培養液で水耕栽培したセイヨウカラシナからミネラルを採取する画期的技術により、
ビタミンミネラルファイトケミカルを天然由来のまま補えるようにしております。

ファイトマトリックス

この製品は、会員登録(メンバー登録)すれば、メンバー価格で購入できます。
メンバー登録には、登録申請用紙と紹介者情報が必要です。

メールにて、その旨ご連絡いただければ、
登録申請用紙を添付して紹介者情報を返信いたします。

*メールアドレス
*お名前(姓・名)
コメント・質問






a:500 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional