栄養補助食品(サプリメント,健康食品)について、有用・有益な選択基準となる情報を公開しています。

ビタミン12

栄養素

ビタミンB12

ビタミンB12はコバルトを含むビタミンの総称で、ヒドロキソコバラミン、アデノシルコバラミン、メチルコバラミン、シアノコバラミン、スルフィトコバラミンがあります。

抗悪性貧血因子として牛の肝臓中に発見されたビタミンで 、微生物以外では合成されないため、植物性食品にはほとんど含まれていません 。

体内では、メチルコバラミンとアデノシルコバラミンが、アミノ酸や脂質などの代謝の補酵素として働いており、不足すると悪性貧血や神経障害などが起こることが知られています。

ビタミンB12は、焼き海苔、あかがい、牡蠣、しじみ、いわし、めざし、イクラ、サンマなどに含まれています。

食品中のビタミンB12はたんぱく質と結合しており、経口摂取されて胃に入ると胃酸やペプシンによって遊離状態となります。

遊離したビタミンB12は、胃壁細胞から分泌される糖タンパクの内因子と結合し、内因子-ビタミンB12複合体となって腸管を下降し、回腸で吸収されます。

吸収されたビタミンB12は、血中の輸送タンパクと結合し、肝臓や末梢組織・器官へ運搬されます。

健康な成人における食品中ビタミンB12の吸収率はおよそ50%ですが、これは内因子を含めた吸収機構が飽和するためで、それ以上のビタミンB12を摂取しても生理的に吸収されません。

ビタミンB12が不足すると、悪性貧血、神経障害、感覚異常、記憶障害、うつ病、慢性疲労、運動時の動悸や息切れなどが起こることがあります。

一方、過剰に摂取しても吸収されないため、過剰摂取による障害はほとんどありません。

ビタミンB12の推奨摂取量は2.4μg/日であり、日本人は男女とも推奨量を充たしています 。

なお、ビタミンB12は、栄養機能食品として表示することが許可されています。

その表示は、「ビタミンB12は、赤血球の形成を助ける栄養素です。」というものです。


マルチビタミン・ミネラルは、
これらの栄養素を複合的にバランスよく、
手軽に摂取できるようにしたものです。


マルチビタミン・ミネラルは、大変便利ではあります。

しかしながら、
天然由来成分、特に植物由来ミネラルを用いたマルチビタミン・ミネラルは、
お手ごろ価格では入手できないのが実情です。


その理由は、
植物由来ビタミンミネラルに関しては、
その生育条件等により含まれる有効成分量が大きく異なり、
有効成分の含有量を表記できないのです。


例えば、
「ほうれん草○○g配合」と記載することは容易ですが、
ビタミンE:○○mg、K:○○mg、B1:○○mg、…を含有」
という記載をすることは極めて困難です。


評判の製品においても、例えば貝殻が利用されております。
これは、貝殻であれば、その有効成分の含有量が容易に判るからです。


勿論、吸収率を良くする工夫はされているのですが、
結局「いくら砕いても岩は岩(貝殻は貝殻)」でしかありません。

私の知るところでは、マナテック社の「ファイトマトリックス」という製品だけが、
天然由来成分のみを用いた「マルチビタミン・ミネラル」です。

この製品は、特殊な培養液で水耕栽培したセイヨウカラシナからミネラルを採取する画期的技術により、
ビタミンミネラルファイトケミカルを天然由来のまま補えるようにしております。

ファイトマトリックス

この製品は、会員登録(メンバー登録)すれば、メンバー価格で購入できます。
メンバー登録には、登録申請用紙と紹介者情報が必要です。

メールにて、その旨ご連絡いただければ、
登録申請用紙を添付して紹介者情報を返信いたします。

*メールアドレス
*お名前(姓・名)
コメント・質問






a:357 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional