栄養補助食品(サプリメント,健康食品)について、有用・有益な選択基準となる情報を公開しています。

ミネラル

栄養素

ミネラル

ミネラルは、たんぱく質、脂質、炭水化物ビタミンと並び、5大栄養素のひとつです。

すなわちミネラルは、我々の体の構成成分の一つです。

人の体を元素にまで分解してみると、その約96%が、炭素(C)・水素(H)・酸素(O)・窒素(N)の4つでできています。

ミネラル」は、この残りの4%にあたる元素の総称です。

私たちにとって、ミネラルの必要量はごく微量であるため、微量栄養素と呼ばれます。

しかし生命維持に不可欠の栄養素であることに間違いありません。

ミネラルは、体内で作り出すことができないため、食べ物から補うしかありません。

しかし、摂取量が不足すると欠乏症が起き、さまざまな病気のもとになります。

たとえば、カルシウム不足による骨粗しょう症や、鉄分不足による貧血などです。

具体的に、成分とその「はたらき」および「不足した場合の症状」を例示いたします。

カルシウム不足

●主なはたらき
・骨・歯の原料となる
・体液のアルカリ性の保持
・神経興奮性の抑制
・心筋をはじめとする筋肉の収縮・伸長
・筋肉の興奮性の抑制

●不足すると?
・骨密度の低下
・骨粗しょう症
・内出血を起こしやすい
・発育不全

●主なはたらき
・赤血球の材料となる
・筋肉などの臓器でエネルギー代謝に関与

●不足すると?
・貧血
・運動能力の低下
・免疫機能の低下

マグネシウム

●主なはたらき
・骨形成をたすける
・多様な酵素の補酵素として活躍
・体液の平衡維持

●不足すると?
・循環器疾患
・筋肉の緊張低下
・刺激に対する過剰反応
・筋肉のけいれん

亜鉛

●主なはたらき
・酵素の構成成分となる
・代謝調節に関与

●不足すると?
・食欲低下
・成長の遅れ
・皮膚病が起こりやすい
・免疫機能の低下
・生殖能異常
・味覚障害

ミネラルのなかでも、とくに不足しやすいのが『カルシウム』です。

なんと日本人は、摂取量が目標値を上回ったことが過去約30年間一度もないという「慢性カルシウム不足」。

さらに、これに加えて最近の調査では、鉄、銅、亜鉛、マグネシウムさえも不足しています。


マルチビタミン・ミネラルは、
これらの栄養素を複合的にバランスよく、
手軽に摂取できるようにしたものです。


マルチビタミン・ミネラルは、大変便利ではあります。

しかしながら、
天然由来成分、特に植物由来ミネラルを用いたマルチビタミン・ミネラルは、
お手ごろ価格では入手できないのが実情です。


その理由は、
植物由来ビタミンミネラルに関しては、
その生育条件等により含まれる有効成分量が大きく異なり、
有効成分の含有量を表記できないのです。


例えば、
「ほうれん草○○g配合」と記載することは容易ですが、
ビタミンE:○○mg、K:○○mg、B1:○○mg、…を含有」
という記載をすることは極めて困難です。


評判の製品においても、例えば貝殻が利用されております。
これは、貝殻であれば、その有効成分の含有量が容易に判るからです。


勿論、吸収率を良くする工夫はされているのですが、
結局「いくら砕いても岩は岩(貝殻は貝殻)」でしかありません。


サプリメントアドバイザーを自称する私は、

天然の総合サプリメントと呼ばれる「石垣島のユーグレナ
によるミネラル摂取をお勧めしております。

小林製薬の『石垣島のユーグレナ』\送料無料/






a:321 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional