栄養補助食品(サプリメント,健康食品)について、有用・有益な選択基準となる情報を公開しています。

ルテイン1

栄養補助食品各論

グルコサミンコンドロイチン硫酸------------------------------------------------------------


ファイトケミカルルテイン

ルテインは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

人間の体内器官や皮膚にも存在し、乳房や子宮頚部に多く存在することが知られています。

特に眼の水晶体と黄斑部に存在する主要なカロテノイドがルテインとゼアキサンチンで、これらの部位が正常に機能するための重要な働きを果たしています。

ルテインには、光そのものを遮る作用があります。

また、細胞の光による酸化を防止する抗酸化作用があります。

すなわち、ルテインは遮光と抗酸化によって「光防御における二重ブロック」を行っています。

しかしながら、ルテインの光防御はこれだけではありません。

ルテインは、青い光を吸収するという性質を持っています。

人に対して害を与える光線としては、紫外線が有名です。

しかし青い光は、光線の中で最も高いエネルギーを持つもので、細胞に与えるダメージは紫外線以上です。

紫外線は太陽から照射されますが、青い光は人工の光に多く含まれています。

人工の光(例えば、蛍光灯、テレビ、パソコン、ゲーム・・・)に囲まれて生活を送っている現代人は、日常的に高エネルギーの青い光にさらされていることになります。

特に眼は、外界に対してむきだしの臓器ですから、青い光からのダメージを直接受けることになります。

外界からの光を受けとめるレンズの働きをしている水晶体、その真後ろ、網膜の中心部に位置する黄斑部は、視覚機能にとってきわめて重要な役割を果たしています。

これらの部分には、カロテノイドのうちルテイン・ゼアキサンチンしか存在していません。

ルテイン・ゼアキサンチンが、光による酸化ダメージから水晶体と黄斑部を守っているのです。

では、もしも水晶体と黄斑部にルテイン・ゼアキサンチンが不足したらどうなるでしょうか?

水晶体においては白内障、黄斑部においては加齢黄斑変性症(AMD)といった眼疾患リスクにつながることが実証されています。

白内障や加齢黄斑変性症(AMD)は、加齢にともなって現れる疾患とみなされてきましたが、最近 では若い世代の間でも起こりうる疾患となってきています。

現代人の生活環境、すなわち、栄養の偏った食生活、光の曝露量の拡大、ストレスなどによって、年齢を問わずに眼疾患リスクが高まってきていると言えるのです。


ルテイン 60粒
ルテイン 60粒



製品の紹介



紹介している製品はごく僅かではありますが、だからこそ厳選した製品を自信をもって紹介させていただきます。





a:303 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional