栄養補助食品(サプリメント,健康食品)について、有用・有益な選択基準となる情報を公開しています。

大腸がんー自分の便をトイレで観察

健康食品とダイエットサプリ2

健康豆知識

(42) 大腸がんー自分の便をトイレで観察

大腸がんを予防するには、欧米型食事にかたよらず、食物繊維を多くとり、便秘をしないよう心がけることが大切です。

そして、毎日排便し、自分の便をトイレで観察し、便の色・形・硬さ・悪臭・量をチェックしましょう。

色は黄土色、形はバナナ状、硬からず柔らかからず、悪臭がなく、小ぶりのバナナ2、3本を目安にします。

大腸がんは早期に発見し、もしできてしまったら、すぐ病院で処置することが重要です。

ビタミンC、Eやβ-カロチンには、遺伝子の変化や発がん物質の発生、発がんをしかける発がんイニシエーターをおさえるはたらきがあります。

また、ビタミンAとβ-カロチンには、発がんプロモーターにつけ込まれない、健康な細胞膜を保つ効果があり、がんの発生を防いでくれます。

β-カロチンを豊富に含む緑黄色野菜を毎日よく食べている人は、肺がん、喉頭がん、食道がん、胃がん、大腸がん、乳がん、膵臓がん、膀胱がん、前立腺がん、卵巣がんなどの発生が少ないことがわかっています。

がんの予防のためにも、にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、ブロッコリー、にら、小松菜、春菊などの緑黄色野菜を毎日欠かさず摂るようにしましょう。

オリゴ糖ー腸内フローラをバランスよく保ちます⇒






a:388 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional