栄養補助食品(サプリメント,健康食品)について、有用・有益な選択基準となる情報を公開しています。

大豆イソフラボン1

栄養補助食品各論

グルコサミンコンドロイチン硫酸------------------------------------------------------------


ファイトケミカルーイソフラボン

イソフラボンはフラボノイドの一種です。

広い意味ではイソフラボン類に属するすべての誘導体を「イソフラボン」といいます。

大豆、葛などのマメ科の植物に多く含まれています。

ゲニステイン、ダイゼインなどのイソフラボンは、エストロゲン(女性ホルモン)様の作用を有します。

これはエストロゲン受容体に結合してアゴニスト(*)として働くためで、このような活性を持った植物由来の化合物は植物エストロゲンと呼ばれます。

* アゴニストとは、生体内の受容体分子に働いて神経伝達物質やホルモンなどと同様の機能を示す作動薬のことです。

我々の食べ物においては、大豆が最も一般的なイソフラボンの摂取源です。

しかし、マメ科のほとんどの種は、多量のイソフラボン類を含有しています。

豆腐などマメ科の原料を加工した食べ物でも、ほとんどはイソフラボン・レベルを維持しています。

発酵食品である味噌などでは、イソフラボン・レベルが増加しています。

イソフラボンは、エストロゲン様の活性を有するため、乳癌や子宮体癌などのリスクを減らすと考えられています。

大豆イソフラボンは、更年期障害や2型糖尿病の改善効果があるといわれ、また骨粗鬆症に対しては特定保健用食品として「骨の健康維持に役立つ」という表示が許可されたものがあります。

例えば、尿の中にでてくるイソフラボンが多い人ほど、骨密度が高いことが指摘されています。

乳がん手術患者を対象とした「大豆食品摂取の摂食と生存率」の調査では、摂食量が多いほど死亡率・再発率は低下し、摂食量と死亡・再発率は有意の逆相関関係にあることが示唆されています。

厚生労働省研究班による大規模な研究では、食品からのイソフラボンの摂取量が多いほど、日本人女性の乳がんや脳梗塞と心筋梗塞、男性の一部の前立腺癌のリスクが低下するという相関関係が見られました。

順天堂大学の研究によれば、納豆の摂食頻度と月経状態・月経随伴症状は有意の関係がみられ、摂食頻度の増加は症状を軽減させている可能性があるとしている。

また、イソフラボンはバストアップにも有効な成分とされています。

イソフラボンは甲状腺へのヨウ素の取り込みを阻害する作用があるため、ヨウ素欠乏の状態で大豆製品を多食したり、イソフラボンを大量に摂取すると、甲状腺肥大をもたらす可能性があります。

通常の日本食では海藻類にヨウ素が含まれています。

なお、市販のイソフラボン含有サプリメントにおいては、通常、ヨウ化カリウムまたはヨウ化ナトリウムの形態でヨウ素が含有されています。



しかしながら、サプリメントに頼らなくとも、大豆イソフラボンを十分に摂取することはできます。

例えば、スーパー発芽大豆をお試しください。


スーパー発芽大豆の詳細をご確認ください⇒





a:332 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional