栄養補助食品(サプリメント,健康食品)について、有用・有益な選択基準となる情報を公開しています。

炭水化物

栄養素

炭水化物

炭水化物は、単糖を構成成分とする有機化合物の総称です。

そして、炭水化物は糖質と食物繊維に分類されます。

糖質は、人間の栄養となる部分で、澱粉などの多糖類は消化酵素でブドウ糖に分解して栄養源とします。

だから基本単位は単糖類と呼ばれるブドウ糖(グルコース)です。

食物繊維は、基本的にはセルロースなどのブドウ糖由来の多糖類であっても、人間が消化できない栄養素の部分です。

勿論、食物繊維も重要な役割を持っています。

オリゴ糖などの腸内で分解され難い糖類は、プレバイオティクスとして知られ、有用な腸内細菌を増やす作用があるります。

有機栄養素のうち炭水化物タンパク質、脂肪は多くの生物種で栄養素であり、「三大栄養素」とも呼ばれています。

炭水化物は生物に必要不可欠な物質であり、骨格形成、貯蔵、代謝などに広く用いられます。

炭水化物は、主に植物の光合成でつくられます。

炭水化物はもっとも多く必要とされる栄養素で、日本の食生活指針では炭水化物が多く含まれる食品が主食とされます。

人体が炭水化物を摂取すると、デンプンの場合唾液で加水分解され、胃液や膵液で二糖類のマルトースまで分解されます。

そして最終的に、小腸の上皮細胞に存在するマルターゼ、スクラーゼ、イソマルターゼ、ラクターゼ、トレハラーゼなどの2糖類水解酵素により単糖類のグルコース、フルクトース、ガラクトースなどにまで分解されて、初めて腸管からの吸収が可能になります。

エネルギー源として重要であるグルコースは、ホメオスタシスによって体内濃度が調整されます。

体内濃度が上昇すると、膵臓のΒ細胞からインスリンが分泌され、肝臓や細胞がグルコースを取り込む動きを活発にしたり、グリコーゲンや脂肪への変換を促します。

逆に低下すると肝臓のα細胞からグルカゴン、副腎皮質のクロマフィン細胞からカテコールアミンが分泌され、細胞中のグリコーゲンが分解して血糖値が上があがります。

グルコースは、植物ではデンプンとして体内に蓄えられます。

植物の体は、セルロースという多糖によって構成されています。

セルロースはデンプンと同じグルコースの多量体ですが、結合様式が異なるため、化学的に極めて強靭な構造を持っています。

話が変わりますが、グルカンは天然に最も多く存在する多糖であり、その化学構造からαグルカンとβグルカンに分類されます。

αグルカンの代表例としては、デンプンが挙げられます。

βグルカン食物繊維(その大半がセルロース)の一種で、植物やキノコなどに含まれており、古くから私たちの食生活の中でごく自然に食べられています。

βグルカンは通常難消化性ですが、腸内細菌により分解されるものもあります。

βグルカンのなかには、摂取の結果として健康維持、免疫系の強化などに役立つものがあります。

例えば、身体の中に侵入した細菌や異物を排除してくれたり、感染した後の発病を抑制する抵抗力を与えてくれるものがあります。

また、免疫力を高めることによって、アレルギー反応を鎮め、ガンなどの腫瘍を抑えるものもあります。

またさらに、血中コレステロールや血糖値や中性脂肪を低下させる働きや保湿効果があるものもあります。

オリゴ糖ー腸内フローラをバランスよく保ちます⇒




a:635 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional