栄養補助食品(サプリメント,健康食品)について、有用・有益な選択基準となる情報を公開しています。

sesamin

栄養補助食品各論

グルコサミンコンドロイチン硫酸------------------------------------------------------------


セサミン

セサミンは、胡麻( ゴマ)から摂取できる栄養成分の一種です。

セサミンは、ゴマに含まれる抗酸化物質「ゴマリグナン」の一成分です。

ゴマリグナンは、セサミンをはじめ、セサミノール、セサモリン、セサモールなどの成分から構成されており、
これらの成分の中で、セサミンは最も強い抗酸化力を持っております。

セサミンの主な効能は強力な抗酸化力であり、
優れた抗酸化剤として注目されています。

活性酸素は、身体のサビつきや細胞の老化などの原因となります。

すなわち、活性酸素は我々の体内で酸化をおこし
過酸化脂質を増大させて、
身体にさまざまな害をおよぼします。


セサミンは強力な抗酸化力を持つので、
活性酸素の働きを抑え、過酸化脂質の増加を抑制し、
細胞の老化を防止し、アンチエイジング効果を発揮します。

また、セサミンは悪玉コレステロールの増殖を防ぐ効果があり、
動脈硬化などの予防や改善などの効能も期待できます。

セサミンは、体内に吸収された後肝臓に運ばれ、
そこではじめて効果を発揮するといわれています。

すなわち、抗酸化物の多くは水溶性であり、
血液中に溶けだしてしまい肝臓まで届きません。


しかし、セサミンは脂溶性であるため肝臓まで届き、
肝機能を高めてくれます。

また、セサミンは肝臓でアルコールの代謝を促し、
酔いの原因といわれるアセトアルデヒド の分解を促進し、
二日酔いの予防などの効能を発揮します。


セサミンの効果は、以下のようにまとめることができます。


・強い抗酸化力による細胞の老化防止の効果
・抗酸化作用による美容やアンチエイジングの効果
・悪玉コレステロールの増殖を抑制する効果
・動脈硬化や血管障害の予防や改善の効能
・肝機能の向上による二日酔いなどの予防効果

セサミンは、ゴマから摂取できる栄養成分ですが、
ゴマから摂取できる量はわずか1%です。

セサミンの1日の摂取量としては10mg以上が推奨されておりますので、
ゴマだけで目標摂取量を摂取することは困難です。


すなわち、セサミンはゴマ一粒に約1%以下しか含まれておらず、
セサミンをゴマそのものに換算した場合、
約3,000 粒程度の摂取が必要です。




a:230 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional