まえがき

ケガをしても、カゼをひいても時間がたてば自然に治る。

これは、人間がもともと持っている生きる力、自然治癒力がなせるわざである。

体が病気から回復するのに10の力が必要とすると、自然治癒力は9、医療と薬は1である。

この比率は正確ではないが、病気からの回復には自然治癒力が主役で、医療と薬は脇役であることに変わりはない。

しかし医療従事者と患者は、医療と薬が治癒の主役で、自然治癒力は脇役であるという根本的に誤った考えを抱き続けてきた。

レーザー手術、内視鏡手術、人工心肺などのハイテク医療機器、生体内の特定の分子のはたらきを促進したり、抑えたりする分子票的薬などに代表される現代医学。

そのハイテク医療機器の進歩のあまりの速さに、医師の技術習得が追いつかない。

分子標的薬を使いこなすのに、高度な専門知識が要求されるが、多くの医師はこの訓練を受けていない。

現代医学による医療事故が絶えないのは、無理もない。

アメリカ医学会は、アメリカで現代医学によって毎年約25万人の死者が出ていることを認めている。

このため、現代医学から自然治癒力を高める代替医療への関心が高まり、移行が始まっている。

代替医療とは現代の西洋医学以外の医学や医療のことで、漢方、鍼灸、指圧、アユールベーダ、アロマセラピー、サプリメントやハーブ療法、呼吸法などが含まれる。

たとえば、アメリカでは毎年約3兆円が代替医療に使われ、雑誌『メディカルケア』によれば、1999年には28.9%のアメリカ国民が一度は代替医療を試みた。

また、アメリカの大多数の大学の医学部が教育カリキュラムに代替医療のコースを含めている。

今こそ、病気からの回復の主役である自然治癒力に目を向けるときである。
この自然治癒力を構成するのは、脳、免疫系、内分泌系の3者である。

この3者のバランスがうまくとれたとき、正三角形となり、強力な自然治癒力が発揮される。

しかし、ストレスが強すぎると、この三角形はバランスを失う。

そうなると、その一角を占めている免疫系の働きが弱まり、感染症やがんにかかりやすくなる。

病気の80%はストレスが原因と理解されている。

そこで求められているのは、ストレスにうまく対処していく方法である。

このサイトでは、こうした人間に備わっている自然治癒力のメカニズム、この力を支える脳、免疫系、内分泌系のはたらき、これらを脅かすストレスの正体とその対処法、また自然治癒力を高める具体的な方法までを解説した。

筆者は、現代医学を否定したり、不要だなどと主張するのではない。

現代医学は救急医療には欠かすことができない。

また、診断による病気の早期発見と継続的な治療も重要であることを十分に承知している。

代替医療も現代医療も、人体の自然治癒力を最大にするために相補的な役割を果たすべきである。

遺伝子DNAの鎖が1本ではなく2本で存在するように、また、人間社会に男と女がいて互いに補いあって生きているように、代替医療も現代医療も病気の予防と自然治癒のよきパートナーであるべきだ。

以上のことを念頭において、このサイトを読み通せば、免疫と自然治癒力のしくみとその重要性を理解していただけるであろう。

このサイトがあなたにとって、病気と健康についての知識を深め、より健やかに生活する一助となれば、筆者としてこのうえない喜びである。

生田 哲

 

 

今、バイオジェニックスと呼ばれるものが大変注目されている。

このバイオジェニックスは、乳酸菌に関連する機能性食品の一つで、本サイトのテーマである「免疫力」を高めるものである。

健康効果があるということでヨーグルトがブームになっているのだが、それはヨーグルトが乳酸菌を含んでいるからである。

すなわち通説によれば、乳酸菌は生きて腸まで届き、お腹で増えて腸内環境を改善する。
また、その代謝物質が体内に吸収される。

ところが、腸内細菌研究の第一人者である光岡氏らの研究によれば、乳酸菌は胃酸などで死滅させられるため、ほとんど生きて腸まで到達しない。
また、生きて到達することができた菌も、定着することは許されず、さらに腸内で増えることもできない。

乳酸菌に関連する機能性食品の中で、
プロバイオティクスやプレバイオティクスが主に腸内フローラを改善してさまざまな保険効果を示すのに対して、
バイオジェニックスは、
死菌を含めた乳酸菌の菌体成分が腸管免疫を刺激することで生体活性を促し、腸内フローラにも好影響を与える。

また、一度に高濃度の菌を多量に摂取することができ、腸管免疫を直接刺激することもできるので、より大きな効果を期待できる。

生菌を多く取ろうとすると、ヨーグルトや乳酸菌飲料の大量摂取が必要だが、
バイオジェニックスの発想により「死菌でも構わない」とすると、長期間発酵させた乳酸菌生成物を加熱処理し、錠剤などにすることもできる。
そうすれば「兆」を超える単位の菌が簡単に摂取できるようになる。

これが乳酸菌生産物質と呼ばれるものであり、サプリメント化が可能になる。
サプリメントにすれば、体調が悪いときや病気の予後に使え、大変便利である。

すなわち、バイオジェニックスのなかでも、
特に「乳酸菌生産物質」に大きな可能性がある。

プロバイオティクスから始まった日本の機能性食品の研究が、
バイオジェニックスへとたどり着いたことで、
今、新時代の幕が拓けている。

 

私が勧めるバイオジェニックス・サプリは天然美通であり、これは眞に乳酸菌生産物質である。
その製造方法を観れば、その素晴らしさが理解できる。
天然美通の公式ページ↓↓↓↓
天然美通

天然美通は、
こだわって選び抜かれた「菌」を使用し、
厳選した大豆とこだわりの天然水を用いて、
2年もの時間をかけて、その発酵・熟成を完結させることにより、
製造されている。
これほど完璧に製造された乳酸菌生産物質は他になく、優れた効果を期待することができる。

天然美通によれば、
乳酸菌とは異なる乳酸菌生産物質という成分が、
直接的にあるいは間接的(腸内フローラを介して)に、
腸内環境を整え、且つ免疫力をアップさせることで効果を実感させる。

免疫と自然治癒力のしくみ