01 免疫系は自分で自分を守るしくみ

免疫学の進歩とともに「免疫」の定義も変化している

免疫の語源である「疫病を免れる」は「ある感染症から回復した人は2度と同じ感染症にかからない」という経験則に由来する。

初期のうちは、これが免疫の概念であった。

免疫学は、エドワード・ジェンナーが種痘からワクチンを開発したことに始まる。

その後1889年に、北里柴三郎やエミール・ベーリングが抗体を発見したことによって急激な発展をとげてきた。

抗体とは、抗原の注射によって動物体に生産されるタンパク質である。

この発展にともない、免疫の概念は初期のものとはかなり変わってきた。

現在では、免疫を「生体が自分と自分以外を認識し、自己以外のものすべてを排除する反応」と定義する学者が多い。

要するに、免疫とは、拒絶反応のことである。

学問的にはこれでいいのかもしれないが、わたしたちの生活においては、この定義では困る。

理由はこうだ。

免疫系で活躍する白血球には、多数派の顆粒球、少数派のリンパ球、ごく少数派の単球がある。

このうち、「生体が自分と自分以外を認識し、自己以外のものすべてを排除する反応」にかかわるのは、白血球のうち少数派のリンパ球だけであって、 多数派の穎粒球はかかわっていない。

これでは、多数派の顕粒球は免疫系にかかわっていないことになってしまう。

一方、病気の状態からもとの健康な状態にもどすのが自然治癒力であり、その中心ではたらくのが免疫系である。

したがって、学問的定義とは異なるかもしれないが「免疫系とは、生物が生きていくために自分を守るしくみ」と定義したい。

ほとんどの病は、免疫力を高めて自然治癒力を強化すれば治ります。
そして、免疫の60%以上を占めるのが腸管免疫です。

この腸管免疫には、腸内で善玉菌が作る乳酸菌発酵エキスが大いに関与していることが判ってきました。

乳酸菌発酵エキスを体外で作り出す技術も開発されており、我が国の乳酸菌研究が、新たなステージで始まっております。

善玉元気は短鎖脂肪酸を含む乳酸菌発酵エキスを独自配合した乳酸菌サプリです

善玉元気によれば、食生活などの生活バランスの乱れや加齢により減少してしまう乳酸菌発酵エキスを補うことができます。

56種類もの選び抜かれたエリート善玉菌を共棲培養したので、免疫力向上などの直接的な健康効果とともに、理想的な腸内環境を取り戻すことができます。

乳酸菌発酵エキス以外にも、プレバイオティクスを始めとする5種類のエイジングケアエキスを配合したので、これらの相乗効果による健康効果も得ることができます。

シニアソムリエの監修により美味しいゼリータイプに仕上げました。

乳酸菌発酵エキスについて解説した記事がありますので、ご覧ください↓↓↓

乳酸菌発酵エキスはバイオジェニックスに分類される乳酸菌サプリです

今、乳酸菌発酵エキスと呼ばれる乳酸菌サプリメントが大変注目されています。

3章

気に入った記事があれば、シェアをお願いいたします
免疫と自然治癒力のしくみ