04 もしも免疫がなかったら

もし免疫系のはたらきが極端に低かったら、感染症やがんにかかってしまう

エイズ(ヒト免疫不全症候群)は、このことを如実に示している。

エイズは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)が原因で起こる感染症である。

感染から数年がたった頃、体内で増殖したHIVが免疫系の司令塔であるT細胞を破壊する。

こうして免疫系がはたらかなくなる。

エイズ患者の多くは、カリニ肺炎とカポジ肉腫で死んでいく。

カリニ肺炎とは、動物やヒトにふつうにみられるカリニ原虫という寄生虫によって発生する病気である。

ふだんカリニ原虫は、免疫系に抑えられているため、わたしたちと平和的に共存しているが、 免疫系が極端に抑制されたことで、増殖して肺炎を起こすのである。

カポジ肉腫は、皮膚がんの一種で、皮膚の血管がむやみに増殖する病気である。

その発生は免疫力の低下した老人にごくまれにみられるだけである。

だから、HIVに感染しなくても、免疫抑制剤を服用すればカリニ原虫やカポジ肉腫に襲われることがあることも理解できる。

もし免疫系がなかったり、十分にはたらかなかったら、どこにでも存在する非病原性の微生物による攻撃を受けて病気になってしまうから、 手のほどこしようがない。

エイズの例からわかるように、わたしたちが重い感染症やがんにかからすに健康に生きていられるのは、 免疫系がしっかりはたらいてくれるおかげなのである。

ほとんどの病は、免疫力を高めて自然治癒力を強化すれば治ります。
そして、免疫の60%以上を占めるのが腸管免疫です。

この腸管免疫には、腸内で善玉菌が作る乳酸菌発酵エキスが大いに関与していることが判ってきました。

乳酸菌発酵エキスを体外で作り出す技術も開発されており、我が国の乳酸菌研究が、新たなステージで始まっております。

善玉元気は短鎖脂肪酸を含む乳酸菌発酵エキスを独自配合した乳酸菌サプリです

善玉元気によれば、食生活などの生活バランスの乱れや加齢により減少してしまう乳酸菌発酵エキスを補うことができます。

56種類もの選び抜かれたエリート善玉菌を共棲培養したので、免疫力向上などの直接的な健康効果とともに、理想的な腸内環境を取り戻すことができます。

乳酸菌発酵エキス以外にも、プレバイオティクスを始めとする5種類のエイジングケアエキスを配合したので、これらの相乗効果による健康効果も得ることができます。

シニアソムリエの監修により美味しいゼリータイプに仕上げました。

乳酸菌発酵エキスについて解説した記事がありますので、ご覧ください↓↓↓

乳酸菌発酵エキスはバイオジェニックスに分類される乳酸菌サプリです

今、乳酸菌発酵エキスと呼ばれる乳酸菌サプリメントが大変注目されています。

3章

気に入った記事があれば、シェアをお願いいたします
免疫と自然治癒力のしくみ