05 免疫系ではたらく細胞たち

免疫系ではたらくすべての細胞は血液にふくまれている

血液は血球(血液細胞)と血漿から構成されている。

血漿は、血液のなかの血球を除いたすべての成分で、血液の6割を占める。

血漿の主成分はタンパク質で、血液凝固因子など重要な成分がふくまれている。

すべての血球は骨髄にある幹細胞からつくられる。

幹細胞は、まだ変化していない未熟な細胞で、これが成長するにつれて、B細胞、T細胞などの血球に変化する。

このように未熟な細胞が特殊な細胞に成熟することを分化と呼んでいる。

分化によってできた血球が血液の4割を占める。

血球には、赤血球、白血球、血小板の3種類がある。

赤血球は血液成分の大部分を占めており、1マイクロリットル(マイクロリットル=IOO万分の1リットル)の血液当たり500万個もある。

赤血球は、肺で酸素と結合し、酸素濃度の低い組織で酸素を放出する。

簡単にいえば、赤血球は酸素の配達人である。

血小板は止血するときに重要なはたらきをしている。

白血球は免疫系のいわば主役で、がんや病原体をやっつけるはたらきがある。

血球が1000個集まれば、そのなかの1個が白血球である。

また正常なヒトの血液では1マイクロリットル当たり、5000から1万個の白血球が存在する。

もちろん白血球の数は、必要なとき、すなわち感染したときとか、白血病になったときには非常に増加する。

白血球と一ロにいっても1種類の細胞を指すのではなく、いくつもの細胞の総称である。

白血球は、大きく、顆粒球と無顆粒球に分けられる。

顆粒球は、細胞の内部に顆粒(つぶつぶ)をふくんだ白血球のことで、好中球、好酸球、好塩基球があるが、その大部分は好中球である。

好中球と好酸球は敵を飲み込み、毒性の強い活性酸素を使って敵を分解して殺す。

この活性酸素は遺伝子にダメージを与えて、変異させる原因となるから、たとえ敵を撃退しても、感染は人体にとって有害であることに変わりはない。

好塩基球は、敵を発見し、ヒスタミンを放出して炎症を発生させ、敵の侵入を全身に知らせるサイレンの役割を果たしている。

一方、無顆粒球は、細胞内に顆粒をふくまない白血球のことで、単球とリンパ球がある。

これらすべての白血球は、太い骨の内部にある骨髄という器官でつくられている。

単球は血液中では丸いが、成長してマクロファージとなり、体内のさまざまな組織に移動する。

マクロファージは、侵入してきた敵や体内で発生した異物を飲み込んで分解する。

好中球とマクロファージは敵を食べることがおもな任務であるので、両者を総称して食細胞と呼ぶ。

リンパ球のはたらき

ほとんどの病は、免疫力を高めて自然治癒力を強化すれば治ります。
そして、免疫の60%以上を占めるのが腸管免疫です。

この腸管免疫には、腸内で善玉菌が作る乳酸菌発酵エキスが大いに関与していることが判ってきました。

乳酸菌発酵エキスを体外で作り出す技術も開発されており、我が国の乳酸菌研究が、新たなステージで始まっております。

善玉元気は短鎖脂肪酸を含む乳酸菌発酵エキスを独自配合した乳酸菌サプリです

善玉元気によれば、食生活などの生活バランスの乱れや加齢により減少してしまう乳酸菌発酵エキスを補うことができます。

56種類もの選び抜かれたエリート善玉菌を共棲培養したので、免疫力向上などの直接的な健康効果とともに、理想的な腸内環境を取り戻すことができます。

乳酸菌発酵エキス以外にも、プレバイオティクスを始めとする5種類のエイジングケアエキスを配合したので、これらの相乗効果による健康効果も得ることができます。

シニアソムリエの監修により美味しいゼリータイプに仕上げました。

乳酸菌発酵エキスについて解説した記事がありますので、ご覧ください↓↓↓

乳酸菌発酵エキスはバイオジェニックスに分類される乳酸菌サプリです

今、乳酸菌発酵エキスと呼ばれる乳酸菌サプリメントが大変注目されています。

3章

気に入った記事があれば、シェアをお願いいたします
免疫と自然治癒力のしくみ