07 がんに負けない栄養素

生きているかぎり止まらない活性酸素の発生

がんは、遺伝子DNAが活性酸素によってダメージを受けることから始まる。

この有毒で強力な活性酸素はいつ発生するのか。

まず、紫外線やタバコの喫煙から大量にできている。

免疫系では好中球とマクロファージが、侵入してきたバクテリアを飲み込んで分解するときに、活性酸素を武器として利用している。

それから、活性酸素はミトコンドリアで栄養素を酸素で燃焼するとき、炎症が起きたときにも発生する。

要するにわたしたちが生きているかぎり、活性酸素の発生は止まらない。

それなら、わたしたちは必すがんになりそうなものだが、そうではない。

実は体内に活性酸素を分解して消去する特別な物質が存在する。

この特別な物質のことを「抗酸化剤」と呼んでいる。

抗酸化剤は、活性酸素を水と酸素に分解して無毒化する。

代表的な抗酸化剤は、SOD(スーパー・オキシド・ディスミューターゼ)、ビタミンA、C、E、フラボノイドなどである。

また、キノコ類には、動物実験で移植したがんの転移を抑制する効果が認められているものがある。

キノコ類の有効成分は、βグルカンという多糖類で、 免疫系のマクロファージ、B細胞、キラーT細胞などを増強する効果かおることが知られている。

ほとんどの病は、免疫力を高めて自然治癒力を強化すれば治ります。
そして、免疫の60%以上を占めるのが腸管免疫です。

この腸管免疫には、腸内で善玉菌が作る乳酸菌発酵エキスが大いに関与していることが判ってきました。

乳酸菌発酵エキスを体外で作り出す技術も開発されており、我が国の乳酸菌研究が、新たなステージで始まっております。

善玉元気は短鎖脂肪酸を含む乳酸菌発酵エキスを独自配合した乳酸菌サプリです

善玉元気によれば、食生活などの生活バランスの乱れや加齢により減少してしまう乳酸菌発酵エキスを補うことができます。

56種類もの選び抜かれたエリート善玉菌を共棲培養したので、免疫力向上などの直接的な健康効果とともに、理想的な腸内環境を取り戻すことができます。

乳酸菌発酵エキス以外にも、プレバイオティクスを始めとする5種類のエイジングケアエキスを配合したので、これらの相乗効果による健康効果も得ることができます。

シニアソムリエの監修により美味しいゼリータイプに仕上げました。

乳酸菌発酵エキスについて解説した記事がありますので、ご覧ください↓↓↓

乳酸菌発酵エキスはバイオジェニックスに分類される乳酸菌サプリです

今、乳酸菌発酵エキスと呼ばれる乳酸菌サプリメントが大変注目されています。

6章

気に入った記事があれば、シェアをお願いいたします
免疫と自然治癒力のしくみ