08 血液をサラサラにする栄養素

血液の流れをもっともよくするのはビタミンE

血液の流れをよくするには、代謝機能を高めて体温を高めに保つことが重要要である。

それには、食事は1日3回規則正しくとること、タンパク質、脂質、糖類といったエネルギー源になる栄養素をバランスよくとることだ。

体を温めるには、食べ方にも気を配りたい。

冷たい食物よりも、温かい食物をとりたい。

すなわち、生ものやサラダなどの冷たい料理よりも、煮たり焼いたりした温かい料理がよい。

血液の流れをよくするのに、もっとも効果のある栄養素は、ビタミンEだ。

Eは、体の末端、表皮の毛細血管の血液の流れをよくすることで、体のすみずみにまで血液をとどける効果がある。

ビタミンCは血管を丈夫にする。

三大栄養素からエネルギーを取り出すのが、8種類のビタミンB群だ。

血管に蓄積したコレステロールや中性脂肪を洗い流し、血液を流れやすくしてくれるのが、 EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)だ。

EPAやDHAは、イワシ、サンマ、サバ、マグロなど背の青い魚に多くふくまれる。

血液の循環をよくするのが、高麗人参、ニンニク、ショウガである。

高麗人参は、血液の循環をよくするはたらきのほか、 中枢神経を刺激して代謝を促進するから、体温が上がり、元気になる。

また、トウガラシは体温を0.5度くらい高めてくれる。

このしくみが明らかになった。

トウガラシの辛味成分であるカプサイシンが、脳の受容体に結合すると、 ノルアドレナリンが放出され、交感神経が興奮する。

こうして血糖値や心拍数が高まり、血圧が上がって体温が上昇するのである。

ほとんどの病は、免疫力を高めて自然治癒力を強化すれば治ります。
そして、免疫の60%以上を占めるのが腸管免疫です。

この腸管免疫には、腸内で善玉菌が作る乳酸菌発酵エキスが大いに関与していることが判ってきました。

乳酸菌発酵エキスを体外で作り出す技術も開発されており、我が国の乳酸菌研究が、新たなステージで始まっております。

善玉元気は短鎖脂肪酸を含む乳酸菌発酵エキスを独自配合した乳酸菌サプリです

善玉元気によれば、食生活などの生活バランスの乱れや加齢により減少してしまう乳酸菌発酵エキスを補うことができます。

56種類もの選び抜かれたエリート善玉菌を共棲培養したので、免疫力向上などの直接的な健康効果とともに、理想的な腸内環境を取り戻すことができます。

乳酸菌発酵エキス以外にも、プレバイオティクスを始めとする5種類のエイジングケアエキスを配合したので、これらの相乗効果による健康効果も得ることができます。

シニアソムリエの監修により美味しいゼリータイプに仕上げました。

乳酸菌発酵エキスについて解説した記事がありますので、ご覧ください↓↓↓

乳酸菌発酵エキスはバイオジェニックスに分類される乳酸菌サプリです

今、乳酸菌発酵エキスと呼ばれる乳酸菌サプリメントが大変注目されています。

6章

気に入った記事があれば、シェアをお願いいたします
免疫と自然治癒力のしくみ