免疫と自然治癒力についてやさしく解説いたします。

1章 脳・免疫系・内分泌系が支える自然治癒力

免疫と自然治癒力のしくみ

1章 脳・免疫系・内分泌系が支える自然治癒力

私たちの体には、もともと自然治癒力が備わっていて、病気やケガから、わたしたちの生命を守っている。

自然治癒力は、脳、免疫系、内分泌系の連携によって維持されている。

この連携に大きく関与しているのが心である。

この章では、自然治癒力を解説するとともに、とりわけ心の持ち方がどれほど健康に影響しているかを、 さまざまな事例を紹介しながら述べる。




『各論』

01 切れたアキレス腱がつながった!

02 かぜをひいても治るのは

03 血液は自然治癒力の根源である

04 血液を構成するメンバーたち

05 心の持ち方で自然治癒力が変わる

06 医学と宗教は同根である

07 研究が進んで生命の全体像を見失う

08 独立して発展してきた免疫学

09 明らかになった自然治癒力のメカニズム

10 超治癒力はがんの進行を止める

11 失望によってヒトは死に至る

12 免疫系が体内で発生した異物を処理する

13 免疫系が病原体を撃退する

14 三位一体でホメオスタシスを守る






a:924 t:2 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional