免疫と自然治癒力についてやさしく解説いたします。

2章 現代医学の落とし穴

免疫と自然治癒力のしくみ

2章 現代医学の落とし穴

自然治癒力の主役である免疫系は、感染症やがんから人体を守るために強くなければならないが、強すぎるとアレルギーを起こしてしまう。

また、わたしたちは病気になるとすぐに病院で薬や手術によって治すことを考える。

しかし、病気の症状を抑える「対処療法」を中心とした現代医学は、人間の生命力そのものである「自然治癒力」を弱めてしまうこともわかってきた。

このブログでは、現代医学の実態をよく検証し、治療のあり方について考えてみよう。

『各論』

01 免疫系は強すぎても弱すぎても病気になる

02 免疫系をコントロールする交感神経と副交感神経

03 リラックスのしすぎで起こるアレルギー

04 病院がもっとも危ない!

05 現代医学が患者を殺す?!

06 対処療法は病気を悪化させる

07 主役は自然治癒力、医療と薬は脇役

08 更年期障害は本当の病気ではない







このエントリーをはてなブックマークに追加



a:600 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional