免疫と自然治癒力についてやさしく解説いたします。

01 免疫系は自分で自分を守るしくみ

3章 免疫系が人体を守る

01 免疫系は自分で自分を守るしくみ

免疫学の進歩とともに「免疫」の定義も変化している

免疫の語源である「疫病を免れる」は「ある感染症から回復した人は2度と同じ感染症にかからない」という経験則に由来する。

初期のうちは、これが免疫の概念であった。

免疫学は、エドワード・ジェンナーが種痘からワクチンを開発したことに始まる。

その後1889年に、北里柴三郎やエミール・ベーリングが抗体を発見したことによって急激な発展をとげてきた。

抗体とは、抗原の注射によって動物体に生産されるタンパク質である。

この発展にともない、免疫の概念は初期のものとはかなり変わってきた。

現在では、免疫を「生体が自分と自分以外を認識し、自己以外のものすべてを排除する反応」と定義する学者が多い。

要するに、免疫とは、拒絶反応のことである。

学問的にはこれでいいのかもしれないが、わたしたちの生活においては、この定義では困る。

理由はこうだ。

免疫系で活躍する白血球には、多数派の顆粒球、少数派のリンパ球、ごく少数派の単球がある。

このうち、「生体が自分と自分以外を認識し、自己以外のものすべてを排除する反応」にかかわるのは、白血球のうち少数派のリンパ球だけであって、 多数派の穎粒球はかかわっていない。

これでは、多数派の顕粒球は免疫系にかかわっていないことになってしまう。

一方、病気の状態からもとの健康な状態にもどすのが自然治癒力であり、その中心ではたらくのが免疫系である。

したがって、学問的定義とは異なるかもしれないが「免疫系とは、生物が生きていくために自分を守るしくみ」と定義したい。


忙しくて外食続き  野菜が足りない?


栄養不足はサプリでカバー  でも何種類も飲むのは大変!


野菜はしっかり食べているのに  調子がいまいち


野菜だけ摂ればいい!
と思っていませんか?


ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、
光合成によってさまざまな栄養素を作りながら、
水中を動き回ることができる
植物と動物の特徴を併せ持つ藻類の一種です。


今、注目の栄養素材です!


ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸など栄養の宝庫!!


しかも、ユーグレナの消化率は93.1%!!
これは、ユーグレナが消化を妨げる「細胞壁」をもたないことによる脅威の消化率です。

さらに、ユーグレナは「パラミロン」という独自成分が全重量の10%を占めております。
この独自成分は、コレステロールなどの不要物を吸着しそのまま排出する
デトックス効果をもっております。
これにより、メタボシンドロームをはじめとする生活習慣病を予防してくれます。






このエントリーをはてなブックマークに追加



a:638 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional