免疫と自然治癒力についてやさしく解説いたします。

03 リラックスのしすぎで起こるアレルギー

2章 現代医学の落とし穴

03 リラックスのしすぎで起こるアレルギー

交換神経を興奮させ自律神経のバランスをとる

免疫系の状態は、神経、栄養、環境によって大きく変化する。

第二次世界大戦直後のわが国では、深刻な食糧難であつたため、当時の人々は、 その日の食物にも事欠くことがあり、翌日や翌週の食物の確保を本気で心配していた。

やせていた彼らは、肥満や糖尿病といつた現代人の直面する生活習慣病に苦しむことはなかつた。

全般的に栄養不足で、絶えず緊張して生きていた。

この状態では、ストレスのために緊張の神経である交感神経が優位であり続けるため、彼らの免疫力は抑制されていた。

現代でも、受験勉強、学校のいじめ、職場での人間関係、過労といったストレスを受け続けた人は、 胃潰瘍になつたり、免疫力が極端に抑制されて、がんにかかりやすくなつている。

かつての食糧難とはうつて変わり、現代のわが国は食物にあふれている。

むしろ食べすぎによる肥満や糖尿病を心配し、ダイエットに励む人が多い。

人々は食べることに困らなくなり、以前に比べ緊張せずに毎日を生きている。

これはリラックスの神経である副交感神経が興奮した状態で、免疫力が高い状態だ。

しかし、免疫力が高まりすぎると、アトピー性皮膚炎や気管支喘息などのアレルギー疾患が起きてくるのである。

アレルギーを防ぐには、もつと緊張して交感神経を興奮させ、自律神経のバランスをとることである。

子どもなら、スポーツやキャンプで元気に遊びまわるのがよい。

大人はスポーツクラブなどで定期的に汗を流したいものだ。


楽天ランキング1位の
「えん麦のちから」で、
・食物繊維を毎日ドッサリ採り、
・満腹感を持続して
・食べ過ぎを防いで、
楽々ダイエット!

「えん麦のちから」は大変優れた食物繊維です。



FDAが認めた「えん麦」のパワー!!
「えん麦」は栄養機能において、FDAが「Aランク」の食品の一つと認定しております。


「えん麦のちから」は、食物繊維が玄米の9倍!!


「えん麦のちから」は、
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を
2対1のベストバランスで含んでいます。
水溶性食物繊維は、大腸内で発酵・分解されて、善玉菌を増やすことで、腸内環境を整えてくれます。
不溶性食物繊維は、胃や腸で水分を吸収して糞便の嵩を増やし、腸のぜん動運動を活発にし、便通を促進します。


「えん麦のちから」は、
糖の吸収を穏やかにする低GI食品です。
「えん麦のちから」のGI値は「50」です。


「えん麦のちから」は
多量のβ-グルカンを含有しているので、
空腹感を避け食べ過ぎを防ぎます。
えん麦のちからのβ-グルカン含有率は10%以上です。


参照
GI値とは何でしょうか?
β-グルカンについて







a:578 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional