免疫と自然治癒力についてやさしく解説いたします。

04 日本人は過労死しやすい

5章 疲労・過労が自然治癒力を低下させる

04 日本人は過労死しやすい

リラクゼーションを積極的に取り入れよう

働ぽかりしてリラックスしないと、心身の疲労から解放されない。

過労がストレスとなる。

アメリカでは、6500万人以上が仕事によるストレスで苦しんでいる。

そこで彼らは、ストレスをやわらげようと、フィットネスクラブに通い、薬物、サプリメント、 リラックスのノウハウを伝授する書籍を購入している。

その総額は、年間370億円以上に達している。

わが国で疲労を訴えている労働者は、全体の60%にも達しているが、 アメリ力ではその半分以下の15~30%にすぎない。

アメリカの疲労している労働者の割合が、わが国の半分または4分の1程度であるのは、 ストレス対策の効果のあらわれであるように思う。

疲労→過労→発病→過労死へのプロセスは、ゆっくりやってくるから、気づきにくい。

だが、もし疲労が解消されないまま蓄積していけば、ある日、限界点に達する。

そして、突然、発症し、最悪の場合には死亡する。

過労死は、日常的な長時間労働やストレスが引き金となった突然死のことである。

わが国における過労死の犠牲者は、毎年、約1万人と推定され、“karoshi"はすでに国際語になっている。

わが国の労働者が過労死しているのとは対照的に、アメリカ人は過労死または仕事が直接の原因となって死を選ぶことはほとんどない。

また、わが国の毎年の自殺者は約3万人だが、これは、単位人□当たりアメリカ人の2.3倍の高さである。

日本人はアメリカ人より過労死と自殺をしやすいのである。

経済成長がかつてほど望めないこと、未来が予測できないことへの不安、 競争の激化によって職が不安定になったことなど、いくつかの理由が考えられる。

職が不安定になったので未来に対して不安になり、考え込む。

だが、いくら考えても、未来の不安という問題はいっこうに解決されない。

こうして不安な状態を続けるうちに、ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンなどの興奮性伝達物質が枯渇する。

気分が低下し、やがてうつ病が発生する。

これがわが国の中年男性に自殺者が急増している原因と思われる。

アメリカ人もまた仕事によるストレスに苦しんでいる点では日本人と同じであるが、 アメリカ人はストレスを克服するために、エクササイズとリラクゼーションを積極的に取り入れている。

また、アメリカ人の42%が毎週日曜日に教会の礼拝に出席している事実は注目すべきである。

礼拝では賛美歌を歌い、牧師の話すよい言葉を聞く。

どちらも気分を高め、非常にすぐれたリラクゼーション効果が期待できる。

働きばかりしてリラックスしないと、心身の疲労から解放されない。

過労がストレスとなる。

アメリカでは、6500万人以上が仕事によるストレスで苦しんでいる。

そこで彼らは、ストレスをやわらげようと、フィットネスクラブに通い、薬物、サプリメント、 リラックスのノウハウを伝授する書籍を購入している。

その総額は、年間370億円以上に達している。

わが国で疲労を訴えている労働者は、全体の60%にも達しているが、 アメり力ではその半分以下の15~30%にすぎない。

アメリカの疲労している労働者の割合が、わが国の半分または4分の1程度であるのは、 ストレス対策の効果のあらわれであるように思う。

疲労→過労→発病→過労死へのプロセスは、ゆっくりやってくるから、気づきにくい。

だが、もし疲労が解消されないまま蓄積していけば、ある日、限界点に達する。

そして、突然、発症し、最悪の場合には死亡する。

過労死は、日常的な長時間労働やストレスが引き金となった突然死のことである。

わが国における過労死の犠牲者は、毎年、約1万人と推定され、“karoshi"はすでに国際語になっている。

わが国の労働者が過労死しているのとは対照的に、 アメリカ人は過労死または仕事が直接の原因となって死を選ぶことはほとんどない。

また、わが国の毎年の自殺者は約3万人だが、これは、単位人□当たりアメリカ人の2.3倍の高さである。

日本人はアメリカ人より過労死と自殺をしやすいのである。

経済成長がかつてほど望めないこと、未来が予測できないことへの不安、 競争の激化によって職が不安定になったことなど、いくつかの理由が考えられる。

職が不安定になったので未来に対して不安になり、考え込む。

だが、いくら考えても、未来の不安という問題はいっこうに解決されない。

こうして不安な状態を続けるうちに、ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンなどの興奮性伝達物質が枯渇する。

気分が低下し、やがてうつ病が発生する。

これがわが国の中年男性に自殺者が急増している原因と思われる。

アメリカ人もまた仕事によるストレスに苦しんでいる点では日本人と同じであるが、 アメリカ人はストレスを克服するために、エクササイズとリラクゼーションを積極的に取り入れている。

また、アメリカ人の42%が毎週日曜日に教会の礼拝に出席している事実は注目すべきである。

礼拝では賛美歌を歌い、牧師の話すよい言葉を聞く。

どちらも気分を高め、非常にすぐれたリラクゼーション効果が期待できる。








a:622 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional