免疫と自然治癒力についてやさしく解説いたします。

05 自然治癒力をたかめるさまざまな食物①

6章 自然治癒力を高める

05 自然治癒力をたかめるさまざまな食物①

古代から知られる食物の健康パワーを取り入れよう

自然治癒力を高めるには、白米よりも玄米を食べるのがよい。

玄米は、胚乳と胚芽を中心にしてそのまわりをデンプン層、種皮、果皮が囲む構造になっている。

白米は、玄米から胚芽、デンプン層、種皮、果皮を取り除き、胚乳だけを残したものだ。

玄米と白米、それぞれ100gにふくまれる栄養素を比べてみよう。

玄米には0.41mgのB1、0.04mgのB2、3.0gの食物繊維がふくまれている。

一方、白米には0.08mgのB1、0.02mgのB2、0.5gの食物繊維がふくまれている。

玄米を白米に精製する過程で、B1の80%、B2の50%、食物繊維の80%が捨てられている。

だから、白米はデンプンそのもので、エネルギーのかたまりなのだが、ビタミンBと食物繊維がほとんどふくまれていない。

要するに、白米は、玄米から大事な栄養素を捨て去ったもので、エネルギーのかたまりである。

玄米の長所は3つ。

1つめは、ビタミンB1とB2が豊富なこと。

2つめは、食物繊維が大量にふくまれているから、便量が多く、便秘にならないこと。

便秘になると、体内にたまった有害物質が発酵して老廃物を出し、これが血液を通じて全身をまわる。

腹がふくれたり、腹痛が起こるのはこのためだ。

また、便秘は、腸内環境を悪化させるので、悪玉の腸内細菌が増殖し、毒素ができる。

この毒素が自律神経とホルモンバランスを崩し、免疫力や自然治癒力を低下させる。

便秘は健康の大敵なのである。

だが、便秘の人が玄米を食べると、便秘はたちどころに解消する。

3つめは、よく噛まざるをえないこと。

噛めば消化酵素のアミラーゼがはたらいて甘味が出てくる。

デンプンが麦芽糖に変わり、消化を促進する。

さらに噛むことで歯や歯ぐきが丈夫になり、自律神経が刺激されて脳がよくはたらき、頭がよくなる。








a:400 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional