免疫と自然治癒力についてやさしく解説いたします。

10 ヘルパーT細胞は免疫系の全軍を指揮する

3章 免疫系が人体を守る

10 ヘルパーT細胞は免疫系の全軍を指揮する

胸腺腺という「学校」で、自分とそれ以外のすべてのものを見分ける能力を獲得して無事に卒業したヘルパーT細胞は、体のすみすみの組織に運ばれる

そして敵がこっそりと侵入しているかどうか、パトロールする。

もしも敵が侵入していれば、マクロファージがこれを飲み込んで分解し、細胞表面に敵の残骸を示す。

この残骸を発見することによってヘルパーT細胞は、敵が攻め込んできたことを知る。

免疫系の第2部隊のはたらきにおいて、ヘルパーT細胞の役割はもっとも重要である。

ヘルパーT細胞の役割とは、キラー系と抗体系を活性化することである。

キラ一系の活性化とは、マクロファージやキラー丁細胞を強化することである。

抗体系の活性化とは、B細胞を刺激して抗原を捕らえて無毒にするタンバク質の抗体をつくらせることである。

ヘルパーT細胞がどのようにはたらいているのか、SARSウイルスの感染を例にして説明しよう。

ヘルパーT細胞が体内をパトロールしているとき、マクロファージの表面に「おかしなものを」発見した。

この「おかしなもの」とは、マクロファージが食べて分解したSARSウイルスの残骸である。

ヘルパーT細胞がマクロファージに近づいたら、この残骸はたしかに異物であることを確認した。

大変だ! 敵が体内に侵入したのだ。

ヘルパーT細胞はただちに増殖を始め、マクロファージ、キラーT細胞、B細胞、NK細胞などの免疫系の細胞に向けてインターロイキンを放出する。

それまで休養をとっていたこれらの細胞は、インターロイキンを受けとって見違えるほど強くなる。

彼らは、強兵に変身したのである。

強兵は、SARSウイルスを退治するために敵がはびこる肺に出陣する。

また、ヘルパーT細胞は、B細胞にSARSウイルスを捕らえて無力化する抗体をつくるように命令する。

ヘルパーT細胞は、自らは敵と戦うわけではないが、敵をやっつけ人体を守るために全軍の指揮をとっているのである。


忙しくて外食続き  野菜が足りない?


栄養不足はサプリでカバー  でも何種類も飲むのは大変!


野菜はしっかり食べているのに  調子がいまいち


野菜だけ摂ればいい!
と思っていませんか?


ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、
光合成によってさまざまな栄養素を作りながら、
水中を動き回ることができる
植物と動物の特徴を併せ持つ藻類の一種です。


今、注目の栄養素材です!


ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸など栄養の宝庫!!


しかも、ユーグレナの消化率は93.1%!!
これは、ユーグレナが消化を妨げる「細胞壁」をもたないことによる脅威の消化率です。

さらに、ユーグレナは「パラミロン」という独自成分が全重量の10%を占めております。
この独自成分は、コレステロールなどの不要物を吸着しそのまま排出する
デトックス効果をもっております。
これにより、メタボシンドロームをはじめとする生活習慣病を予防してくれます。







a:321 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional